担保について

カードローンの利便性の良さは担保が不要で保証人もいらないというところにもあります。昔でしたら金融機関等からお金を借りる時には必ず担保や保証人といったものが必要なものでした。カードローンはそうしたものがないので手軽にいつでも利用できるという価値が有るのです。これは昔と比べて審査制度が確立され、その精度が飛躍的に向上したためだと思われます。

 

担保なしで保証人なしということですのでお金を貸す消費者金融などはリスクが有るように思えますが、その分小口融資でありながら金利的には結構高い金利が設定されているということになるのです。消費者金融などからしたら審査の精度が上がりしっかりしていればいるほど上顧客を囲い込むことが可能となり利益も膨らんでくるという仕組みになっているわけです。

 

万が一のことが起きたとしてもカードローンの貸出に関しては保証会社がバックについていることがほとんどなので消費者金融自体は平気な仕組みになっているのです。カードローンの中には担保が必要となるものも存在しています。しかし、それは融資金額も大きいもので担保になるものはほとんどが不動産となるようです。いざというときには担保として不動産があるわけですから金利も低く設定して融資が可能となっています。大きな金額の融資を望み担保に出来る不動産があり必ず返済ができるという見込みがある借入なら有担保で借入をしたほうが金利が低くなるので結果としては得になることもあるということです。