契約期間は?

カードローンにも契約期間というものは存在しています。契約期間は一々審査をせずに何度でも繰り返し借入や返済ができる期間ということになるのですが、基本的には特に問題なく利用しているのであれば特に気にする必要などはありません。何もなければ自動更新されるということがベースとしてあるからです。
ただ、必ず全ての人が自動更新されるとは限らないというのも事実です。契約期間中に延滞行為や返済の遅れなどを頻繁に繰り返していたり、債務整理などをおこなったりすると更新されないこともあるのです。また、仕事を変えたり年収が減少したり職を失ったりといったことが起きても更新されなかったり契約内容、特に利用限度額の減額といったことが起こる可能性があります。

 

要はカードローンを利用している本人の利用状況や環境の変化によっては更新されないということもあるのだということなのです。他にも引っ越しをして住所が変わったりしたことをカードローンを発行している金融機関に届出をしていなかったことで郵便物が不達となり連絡がつかないと判断をされて更新が停止してしまうということもありますので注意をしましょう。カードローンに限ったものではありませんがお金に絡んでくる金融機関や保険会社などとは必ず連絡が取れるようにしておかなくてはいけません。更新時の新しいカードが届かなかったり重要なお知らせなどを見ることなくトラブルに発展してしまう可能性もあるのです。

関連ページ

カードローンの担保について
カードローンの中身について掲載しています。ぜひ具体的にチェックしてみてください。