カードローンとローン

ローンもカードローンも銀行などから借入を行うという点は同じですが、この二つのローンについては全く違った性格のものとなっています。ローンは昔から存在し基本線としては何らかの目的のために借り入れを行うというものとなります。住宅ローンに教育ローンや自動車ローン、トラブルローンやブライダルローンといったものがそれに当たります。

 

これらはある目的を遂行するために必要となるお金を用立てるということを主目的としています。そのため借入を行うには見積書や領収書といったものが必ず必要となるというのが大前提となります。借入を出来るお金も必要となる金額そのものの金額となります。場合によっては担保や保証人が必要となってくる場合もあります。

 

カードローンは特に目的の設定をされていません。何かを購入するために利用するということを決めていなくても借り入れができるのです。遊興費に使おうが生活費に利用しようが申請の必要も報告の必要もないのです。そのうえ、一度審査に通りカードローンを作成できると何度でも利用限度額内であれば借入や返済ができるようになっています。借入のたびに審査があるというわけでもありませんしもちろん、見積書や領収書といったものも不要です。借入の際の金利に関してはローンの方がカードローンよりも低く設定されているのが一般的です。ローンのほうが借入期間が長くなるのと利用目的がはっきりしているという点で低く設定されている場合が多いようなのです。

関連ページ

カードローンとは