サラリーマンとカードローン

カードローンを申し込んでも必ずカード作成にまで至るとは限らないわけですが、サラリーマンはそういう意味では一番カードを作成が出来る確率は高いと言っても良いでしょう。何と言っても毎月決まった収入が入ってくるということが保証されているわけですから貸し出しをする銀行や消費者金融なども安心して融資を出来るということになるのです。

 

どんな企業に勤めているかというようなことで差異は特に出てこないようですが、やはり公務員や大企業に勤めている人のほうが貸し出す側からすると安心感は高い傾向にあるようです。ただ、サリーマンだということだけで全てがOKだというわけではありません。サラリーマンであっても過去に破産や債務整理などのいわゆる金融事故を起こしていると審査をクリアすることは難しいでしょう。

 

すでに多くの借入を他社から行っていると言った場合、総量規制に引っかかるような借入をしてしまっている場合も同じように難しいでしょう。サラリーマンになって時間が立っていない社会人なりたてのような人も勤務歴が短いのでハードルは高くなるかもしれません。せめて1年程度は勤務してからカードローンに申し込んだほうが無難かもしれません。また、サラリーマンだと言っても未成年である場合は頭からカードローンに申し込みを出来ないということは言うまでもありません。普通に生活をしていて特にお金を借りすぎていなければ基本的にはサラリーマンはカードローンのカードを持つことができる一番近い立場にいるのです。