申し込みに必要な書類

カードローンの申し込みを行い契約をするということになると必要となってくる書類が発生してきます。ただ、面倒くさいような書類は特にありません。基本的に必ず必要となってくる書類としては身分証明書だけだと思っておいて大丈夫でしょう。身分証明書も運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カードにパスポートなどの中から一つを提示できればOKです。

 

これらの写しを提出するということになります。最近は希望する融資額が小さければ身分証明証さえ揃っていれば手続きがドンドン進んでいく場合が多いようですが、希望する融資金額が大きくなると別で収入証明書が必要となってきます。前年度の所得を証明するような書類が必要となってくるのです。収入証明書はサラリーマンなどであれば源泉徴収票が提出できれば問題ないのですが、自営業者などは所得証明書や課税証明書などが必要となってきます。これらの書類はすべて役所にて取得をしないといけない書類となっています。

 

そのため急ぎでカードローンをもし込みをしたいということであれば予めこれらの書類を役所に出向いて取得しておくということを行っておいたほうがスムーズに手続きが運ぶことになります。源泉徴収票や所得証明書などの書類は原本を提出るのではなく写しを提出るということになります。カードローンに必要な書類はこの程度のものです。あとは手続きが進行していけば契約書類に何箇所か印鑑を捺印すれば全てが完了ということになるのです。